28日後と28週後

いまさらだけど正月気分がやっと抜けて来た。
そんななか、いろんなサイトのバナーで見る「28週後」を見てきました。前作の「28日後」が自分的にはすこぶる名作に思えてたので、最近見たい映画が無くて困ってる矢先、キタコレ。

にしても、ホラーを映画館で見る習慣があんまりないので、劇場で見ていいものやらららと思っていたのですが、びっくり音のときは劇場の方がいいですね。漫画みたいにビクっとなってポップコーン落としそうになったり、現に向こうの席では落としたらしくポプコンが散乱してたし。

物語はありきたり。
「28日後では語られなかった秘話!」とかどうでもいいストーリーもなければ、28日後で発生したウイルスに対する戦いもない。またしても、悲劇を繰り返す感じ。にしても、話しは唐突に始まらず、むやみやたらにストーリー性を高めたせいか、どことなく微妙な展開があったりしてそこらへんはサゲでした。

ま、自分のクライマックスはなんといっても、ヘリコプターだったけどね。
あれ、どうやって撮影してるんだろ。見てて、爽快でした。
できれば、28日後を見てから28週後も見るといいよ。
話しが繋がってるわけじゃないけど、やはり二作目感がただようし

28日後... (特別編) ボーナス・エディション
20世紀フォックス(2007/12/21)
売り上げランキング: 153
おすすめ度の平均: 4.0

5 異質のゾンビ映画
4 help_me33_22
5 良かったです

さて、ホラー迎春のしめくくりとなった「28週後」だったのですが、ちょこっと名作DVDがありました。去年の飛散惨劇虚無感の1位は「JIGSAW-デッド オア アライブ」だったのですが(駄作のなかにも光有りという感じ)ひさびさ、むたくそなDVDを発見したもんだ。

キング・オブ・バイオレンス
ジェネオン エンタテインメント (2007/10/03)
売り上げランキング: 55943
おすすめ度の平均: 1.0

1 あれ?

またしてもAmazon評価最低(レビュー1人しか書いてないけど)

もう、意味不明な暴力とけっこう不死身の主人公の物語。
無駄にこけたり、自転車でこけたり、地味な痛い箇所も都度見所の上、むちゃくちゃなストーリーにやりすぎな暴力表現で、もう、楽しい。しかも、自分のバイオリズムの波がみえちゃう位、映画の途中で絶頂を迎え、すごく尻つぼみなエンディングを迎えてしまう。これはあんまいただけなかったけど、絶頂部分がひどいので、まあ、許す事にしようかと。

ところで、自分もいまAmazonのレビューを見て発見したんだが、ヒロイン役(ヒロインか?)のカリ・ウーラーさんの豊胸前らしく、この映画ではタレ美乳。こんなわかりやすい豊胸もありっちゃ、ありだし。しかもカリさんってば、結構自分の見てる映画で見てるはずなのに、まったく記憶にございません(痩せゆく男とか名作なのにね。あとアナコンダとか)。ま、僕のだいすきなアルバトロスコアではすごい作品で登場してるみたいだけど。

ジップレス
ドメインが無茶苦茶になってきたので、原点回帰ということでやり直そうと思います。過去ログは基本インポートしないようにがんばりたいです。Webデザイン/Webマーケティング/UI/UX/リテンションマーケティング/EC/ファンドレイジング などなど、なんでも濃いです。よろしくお願いいたします。
\ SHARE /

コメントをお願いします