アルケスティス

2006年9月17日 zipless

0195061667.jpgアドレスが”exhale”のくせに、ブログのタイトル変えてやった。なんかね、やっぱり日本以外の歴史大好きちゃん、ヘンデルやらキリストやらの裏話が大好き。というのは、まったくもっての嘘で、ziplessというネーミングを会社にしてしまったので、またしてもziplessのCDを聞いてたら「アルケスティスの詩のサーキット」という朗読があるのさ。そこでは、自己犠牲の象徴アルケスティスを歪んでとらえているのかよくわからないのだが、朗読の冒頭は「いい奴隷と言うものは鞭打たなくてもよい。みずから、鞭打つのである。」とな。そして、彼女が死んだ後、皆がたたえるのよ、「彼女は聖者だった」って(たんなるドMだったくせに)という、ま、冒涜だわね。

ほんで、ひさびさゲームを買いました。

GOD HAND(ゴッドハンド)
GOD HAND

posted with amazlet on 06.09.18
カプコン (2006/09/14)

おもしろい。ムズい。
デビルメイクライシリーズ待ってる間にこんなんでましたけど。ほんと、久しぶりにゲームPS2が動いてる気がするし、この家に引っ越してきてから、はじめてテレビと言うものが稼働してる気もするよ。にしても、どことなく「まねっこ」な部分なんかがあったりして、結構(イマサラ)感が溢れてる部分もあるので、純粋に暴力・暴行・流血・おバカが好きな人以外は微妙に、ダメかもしれません。




この記事を書いた人 zipless 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA