ガス舐めんな!激痛になるガス溜まり症状

先日、お仕事を休みました。
土日明けの月曜日だったのですが、日曜日の夜から「なんだかお腹がギュルリと痛いぞ」と思ったらどんどん痛くなってきて、最後には汗が噴き出るほど発熱してきたんですよね。いつもは翌ケロの如く朝には治っているはずなのですが、朝になって動き出したら、良くなるどころかたった数歩歩いただけで腹部に激痛が走りました。

あまりの痛さにうずくまって、うぬぐぐぐってなってました。

今年にはじめには、フルーツグラノーラに当たるという快挙を経験しているのですが、特に土日に腐ったものを食べた形跡もありませんし、拾い食いもしていません。おっかしいなぁ、怖いなぁー怖いなぁーと思ってお仕事を休みますと伝えて横たわって寝て治そうと思ったのに横になってうずくまっても腹部に激痛が走るので寝れたもんじゃありません。

こういった時には、忍法「気絶」と思ったのでいとも簡単に気絶しました。
いや、単に寝付いただけなんですがね。
寝れないと思うから寝れないと誰かが言っていたので、「私はすでに、寝ている」と暗示をかければ結構すぐ寝れるものです(んなこたない)

ちょっと寝てお昼が来ててまたむっくりと起き上がったのですが、お腹の痛さは起きて動いた瞬間に、激痛に変わるので目が覚めてもう大丈夫かなーと思ったらまたしても激痛。

これは、救急車呼ぶレベル。
そのくらい激痛です。

そんな激痛と戦っている時に、なんでこんなに急激に痛いんだ?とおもって結石を疑いましたが、あれは泡を吹いて立ち上がることさえできない猛烈激痛だそうなのでこんな激痛じゃなさそうだ・・でも変なものを食べてない。お腹を下したようなときの腹痛に似ている・・

は!

下痢ではない!

これは!
私、経験したことある!

と気づきました。

以前
それは、かれこれ6年は前の話でしょうか。

屁を我慢して遊んでた時があったんですよね。
屁を我慢するとトイレも我慢することができるので、当時ハマりまくって廃人になりかけていたモンハン生活中、おならを我慢して腹を膨らましてまでも狩猟に熱中してたらすぐに激痛に変わって「ガスが、、ガスに殺される・・」と思ってヨガのガス抜きのポーズをしたことを思い出しました。

ヨガのガス抜きポーズはこんな感じです。

動画では生半可なガス抜きポーズですがもっと人に見られたらはずかしいポーズを取りながらモンハンをしたら当時は治りました。

ということで、原因が解明したのでガス抜きヨガをやったのですが、気づくのが遅かったのかすでに千代の富士みたいな腹部になっていたので「これはこれで、アリかな」とかちょっと原因解明後の余裕をかましながらヨガをしたのですが、なっかなか屁が出ません。

ガスが溜まった腸内の様子

結局、屁との戦いはこまめにガス抜きをすることで激痛から通常の痛みへと変わりまして
1週間ほど戦おうと思います。今現在も自分の屁と格闘しています。

おうちでは猫のミルマゲドンとガス抜きポーズの美しさを競って最後に屁をこいて
にぎりっ屁をお見舞いしてやる毎日です

このような漫画のような戦いが実際に横浜のどこかで繰り広げられているのです。
いや、本当につらいのでみなさんも気をつけてください。

参考サイト:http://blog.livedoor.jp/omochateikoku/archives/26499657.html

expand_more

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA




関連記事