キルビル VS ラティファ

キルビル久しぶりにDVDを借りちゃいました。マルエツでお安いハンバーグ材料を買ってきておいしいハンバーグちゃんとかを作りまして、レッツDVD。まずは「ビルを殺れ」。「ガタカ」で美しすぎた馬・鮭(ウマサーモン)ちゃんが出てるので見なくてはいけません。ガタカってホントキレイな映画だったね。それに付け加えて、若干ロンパリ娘の「ルーシーリュー」ちゃんも出てます。ざっくばらんに感想を。

ぬるいなぁ

かね。感じ方は個人差がございますのでキルビルファンの皆様には悪いのですが、ねぇ、なんか、こう、もっと、ねぇ。イヤに長いチャンバラシーンとか、イヤに敵が多いのとか、無駄に体が切れちゃって血がドバーって出るとことか、日本語聞き取れないとことか、ねぇ、なんか、ねぇ、もっと、ねぇ。
由真様(ウマ・サーマン)ちゃんも、ルーシーちゃんも出てるんだけど、テレビで十分かもね。コレ。ていうか、あのチャンバラゴッコを見たら、いかに水戸黄門の敵の倒し方が美しいのか分かるもの。殺され方も、切り方も、たちまわりも。水戸黄門の勝利。vol.2もDVDでいいわ。
クイーンラティファが家にやってきてしまった←そんで、コレも見ました。ラップしてーラップしてよデブー、なラティファちゃんが出てるので見ました。ラップしないと思いきや、このデブ俳優気取り。しかも、どう見てもウーピー狙いミエミエ。ま、ウーピー自体、浮浪者に返り咲いて成功してますから(某TVショー参照)。
んで、ね。この映画の方がよっぽどおもろい。展開も分かりやすいし、とにかくラティファがデカくて怪力でなまいきでブス。ステキだわ、まぁ、ステキ☆。やっぱりディーバはデブでブスでなくてはいけません。
あと、見所2。
ケリ岡プラ子(ケリープライス)がクラブシンガー役(モロチョイ役)で出演してるんだけど、歌ってる時が
プレデターそっくり。まじブサイクだね。どこまでブスなんだこのケリ岡。でも、歌はすんげぇウマい。さすがDIVA。
ケリ岡プラ子
これは、ケリ岡 プラ子
プレデター
これは、プレデターちゃん
スティーブは嫌いなので眼中にないのですが、このおっさんも、この年齢になれば初心にもどるのかボケてるのか分からないのですが、結構アクティブに振り回されてて面白かったです。
どう考えてもラティファの勝ち。
デブ万歳。

ジップレス
ドメインが無茶苦茶になってきたので、原点回帰ということでやり直そうと思います。過去ログは基本インポートしないようにがんばりたいです。Webデザイン/Webマーケティング/UI/UX/リテンションマーケティング/EC/ファンドレイジング などなど、なんでも濃いです。よろしくお願いいたします。
\ SHARE /

コメントをお願いします