メダワン に参加してきました

2015年9月24日 zipless

メダルゲーム日本一決定戦 を決める 通称「 メダワン 」に参加してきました。

たまに行っていた近所のアドアーズが閉店するという張り紙があったので、貯めていたメダル5000枚ほどを使いきろうとしていた時にフトポスターを見て何の気なしに応募したら予選当選したんですが、中学生の頃からずっとメダルゲームしていて、これがお金(賞金)になるなんて・・。

ですが、あまりやらない9リールスロットのみで戦うので数年ブランクがあったので予習がてらスロットを再度勉強しましたが、ぜんぜんダブルアップ勝てなくなってて「負け確定」でした。

ちなみに、昔のスロットマシンの一部とポーカーマシンはダブルアップで弱い親が出る確立を高めるタイミング知ってるんですよね。でもね、今回使用される筐体は古いものがなかったので、完全運じゃんね

メダワン はやはり運勝負のみでした(汗)

良くも悪くも、すべてが運次第の予選でした。
自分が座れる台でさえくじ引きで決定されるのでそこから運を使わないといけません。ヘンテコなショボいマシンや打ったこともないような台だとそこで負けたーって思っちゃいますしね。

ですが、運良くブラウン管のマシン(古くてダブルアップタイミング狙えるタイプ)に座れちゃいまして。

BONUS SPIN Z という台に座れましてね。

BONUS SPIN Z

古いマシン BONUS SPIN Z

予選は20分で手持ちの1万枚をいかに増やせるかというもの。
最大ベット数は80枚となるので、一度も大当たりなしで約120回転。ダブルアップなどをしていると最大ベット80枚掛けてぶん回し続けるしか勝てない・・という感じでした。

自分と相性のいいブラウン管タイプの古い台だったので、
結構勝った感あったんですよね、実は。

マシンの設定も最高設定みたいだったので、変にショボ当たりが多かったのですがダブルアップに持ち込めれば結構行けるんじゃないかと思った・・・・通りでした

ちなみに、最大獲得枚数が5000枚なのでダブルアップは5000枚に到達した時点で終了。大会ルールでは5000枚以上の大当たりの場合は、さらに5000枚追加ボーナス(マシン性能が異なるため、これで相殺しているみたい)なので、5000枚以上意地でもダブルアップ成功させるのが必須だったんですよね。

ま、ランプと音と出目でなんなく27000枚以上稼いで、予選突破のボーダーライン越えたので残り5分は放置作戦で予選突破しましたが、自分の予選ブロックのレベルが嫌に高くて結果8位で予選突破でした。予選1位は10万枚とか・・一撃必殺にもほどがあるでしょ・・

決勝まで なぜかマジックショーを堪能

メダルゲームと何の関係があるのか分かりませんが、アフロ失敗した水木しげるのようなマジシャンが登場して決勝までの余興もありました。決勝までずっと待たされ監禁されるわけですが、決勝進出者の待合室には軽食やフリーUFOキャッチャーなんかもありましたが、会場のマジックショーを堪能しました。

TanBA

なぜかTanBAさんのマジックショー

画像よりも、一度髪の毛が燃えたような感じのマジシャンでしたがカミソリをどんどん飲み込むマジックは絶対大丈夫だとわかっていてもゾクゾクしてしまいました。あと、画用紙に数字が出てくるのも面白かったです。

いや、メダルと関係なさすぎて面白かったですね。

メダワン 決勝戦では・・

かなり厳密に仕切られていて、予選の獲得枚数と順位を元にマシン選びができるというものでした。予選で調子が良かった台をいち早く取る人も居ましたが、自分は8位ということもありかなり限定された状態で台選びすることになり、結局ジョーカーがかわいい台に座りました。

決勝は3万枚を1時間で何枚まで増やせるか?というルールに変わり、台移動も可能なので調子が悪くなったら別のマシンに移動できるものでした。

ただし、その際には5000枚毎に移動するの端数切捨てです。

まず座った台が一撃必殺台でした(多分)

開始早々、センタージョーカーでマルチリールカードも引けて「やヴぁい、激運!」と思ったのですがかなりフッツーな獲得枚数で軽く1万枚超えたのですが、このままでは飲まれてしまうと感じたので予選で座ってた調子のいい古い台へ移動しました。

古い台は一撃必殺チャンスはあるのですが、どちらかといえばコツコツタイプ。さらにダブルアップには自信があるタイプなので、5000枚づつ獲得してなんとか予選ボーダーの20分2万枚×3(60分)になれば8位以内に入れて賞金?と思ったので、着実に頑張りました。

なんとも一撃必殺がない分、後ろに居た運営の人から見たら地味な戦いをしていたんじゃないでしょうか、自分。80枚がけで160枚320枚640枚1280枚2560枚、そして5120枚になるとボーナス5000枚で10120枚獲得を数回獲得。途中赤7が揃って4000枚だったのですが、5000枚以下は必ずダブルアップする感じだったので、1回目でダメだったりと・・。なんとも見せ場と花がないまま、着実に6万枚まで増えました。

結果

67000枚近く

計算通りの結果に

おっしゃ!
結果・予想通り過ぎ

これでもしかしたら入賞できるかなと浅はかな夢も見ることができました。

途中、ダブルアップ中に赤七がジョーカー混ぜで揃いそうにもなりましたが、揃わず。。揃ってたら14万枚オーバーだったのにな・・・。

メダワン 結果発表!

8位 8万枚超え・・・

8位の人で8万枚超えていました。
やっぱり1時間ではコツコツ台はダメだったかーと台選び失敗でしたね。ちなみに、自分の島では自分以外は惨敗だったのですが、やっぱり一撃必殺台が強かったみたいです。

あぁ・・。
でも、昔からすきなsigma台で万枚超えが拝めただけでも
かなり嬉しかったです。

アドアーズ社長

嫌に若いアドアーズ社長からのお言葉

なにはともあれ、メダルゲームで現金獲得できるイベントは前代未聞でファンとしてはかなり夢のある企画だったんじゃないでしょうかね。次は、スロット以外にもポーカーやメダル落としなんかも混ぜたトライアスロン形式にしてくれればもっと面白いんじゃないでしょうかね。

スロットだけ・・
というのはあまりにもメダルゲームとしても一部ですしね。

記念品を開けてみると、飴ちゃんが入ってて図柄が揃っているとメダルが店舗で貰えるというものが入っていました。1500枚もアメで当たっていましたが近くにアドアーズが無いのと、神奈川のアドアーズ店舗ってかなりやさぐれている店舗が多いので、、閉店した店舗以外はあまり行かないのかも・・と思いました。

いいイベントに当選して良かったです。
メダワン 第2回も開催されるのであれば次回こそは優勝狙いで頑張りたいと思います!

リール真ん中にジョーカーが止まった時の、
アドレナリン分泌は以上




この記事を書いた人 zipless 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA