影牢 もう一人のプリンセス を進めています

影牢 もうひとりのプリンセス を進めています。ちょうど一年で新作(正確には追加)を出してくれるのは大昔からのファンとしては嬉しい限りです。

罠もたくさん増えましたし、現代風の体育倉庫系の罠も増えました。さらには、主人公が弱々しく逃げるだけではなくて、蹴りで1コンボ(1ブロック後退)追加できるのも罠の幅が大きく広がった感があって個人的には大満足です。

ただ、前作のデータを引き継いだのですが結局レグリナ編もやり直さないとダメなの?ということですべてをやり直しています。ま、いろいろ改修されているおかげかサクサク進めるんですがね。

同ハード間では『影牢 ~ダークサイド プリンセス~』のセーブデータを読み込んで、異なるハード間ではクロスセーブ機能を使って引き継ぐことが可能です。引継ぎ可能なのは、トラップ(各種特典のトラップを含む)・アビリティ・コスチュームで、ストーリーモードと影牢スタジオで使用できます。今作ではバランスを変えているため、ストーリーやミッションの進行は、最初からになります。

ゲームバランスも変更されているおかげで、ベホマ使っちゃうボスとかがベホイミ程度になっていて一気に進めますし、チャプター毎に選んでプレイできるのでメディウムのお願いも挑戦しやすくなりました!

ヴェルギリエ 様
敵を蹴れるヴェルギリエ

影牢シリーズは前作からツンデレ萌え 乳揺れ キャラだらけになったのがちょっとどうかと思います。今回追加されたキャラクターのヴェルギリエとエフェメラについても露出が多く、ツンデレ萌えキャラになっています。影牢ってこんなキャラは似合わない・・と思っていた古風なファンの僕ですが、慣れました。

もうね、シリーズ中
一番やりたい放題ですよ

ストーリーがそこそこな分、罠にはめる敵の名前を変えていたぶり殺せたりするのは まさに禁断ですね。あまりに罠がエグいのでいたぶってる途中で「やりすぎて、自分が怖い」と思えるんじゃないでしょうかね。だって、カビンかぶせたらHP0でも歩き出してくれるのが影牢が面白い!という最大のポイントですからね!

まさかの ワンダーコーww

春が来て、今年もさくらは美しくても やってるゲームは二十歳位にやってた 残虐殺戮 罠ゲーム。年をとっても変わらないモノというのは素晴らしいものです。しかも、(数少ない友達数ですが)まわりの友達だれもやってませんし、影牢の面白さを熱弁すればするほど「あーた、逮捕されるよ」「こわい、キモい」言われます。

友達って増えないもんだと言うことは、知っています。

expand_more

影牢 もう一人のプリンセス を進めています」へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA