私はまた一人ぽっち

2003年6月13日 zipless

私はまた一人ぽっち
あなたは仲間と一緒に出かけて
楽しく過ごしてるんでしょうね。
すっかり世もふけてきたと
言うのに、
今日一日、
あなたは私の事なんかちっとも
かまってくれなかったでしょ
あなたのケータイに電話しても、無視
そんな風にされると、
あなたに見放されて
いるような気がしてくるのよ
あなたが家にいてくれたら
いいのに
そんなことをかんがえてると、
ふたりが出会わなければ
良かったとさえ思うのよ
そうすれば、
後悔の念も消し去る事が
できるのにね
あなたを愛さなければ良かった
そうすれば、あなたに
傷つけれられることもなかったのにね
そうすれば、
私がこんなに辛い思いをする事も
なかったのにね
私の事を思いやってくれていると、
あなたは言うけれど
あなたの態度からは
ちっともそう感じられないわ
どうせ口先だけで
そう言ってるんでしょうね
あなたは私がまるで敵みたいに
ひどい事ばかりしたね
だからもう、私の事は放っておいて
この家に、もうあなたの居場所はないのよ
あなたがドアをノックしたら
中へ入れようか
どうしようか迷っているの
昔からロマンティックな
恋愛に憧れているのよ
私の中ではあなたはもう過去の
人だと、自分に言い聞かせなくちゃね
それでもまた、あなたにすがる気持ちが
芽生えてしまうの
あなたなんかを
愛さなきゃ良かった
そうすれば、
私がこんなに
辛い思いをする事もなかったのよ
現在itunes朱里エイコちゃんに続いてガンプレイ。
ヘザヘッドレイ
てか、じぶんてば、結構暗い時ほど仕事がはかどんのよね。
しかも、こんな歌詞の状況に憧れます。
失恋なんて、普通に8年くらいしてねぇ。てか、した事ないかも。
気分が暗いと仕事がはかどるので仕事をしますの。
しっかし、この曲暗すぎ




この記事を書いた人 zipless 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA